HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

急に当事者

ずーっと書いておりませんでした、肝炎関係のお話。
ここにきて、急に風向きが変わったので、その思いを綴ってみる

先日、「B型肝炎訴訟の和解が進んでいない」と言うTV放送があった
つまり、給付金の支払いが進んでいないとの事らしい。
そして最後は、「集団予防接種によって感染の可能性のある年代は24~71歳
と、検査を促すコメントでそのコーナーはしめくくられた。

24~71歳って、日本人の殆どの人やん

と、意外に対象者が多い事に驚いた

注射器を使いまわしての予防接種の映像は白黒で、
いかにも「昔」「過去」と言うイメージを持つには充分。

とは言え、私は母子感染なんだから関係ない・・・と
少しこころのうずきを抑えて、思考を断ち切ろうとした時。

いや、ちょっと待てよ。
私の母はどうだったのだろう。
祖母が、肝臓病が原因で亡くなったと聞いていたので、
てっきり母子感染だと思ってたけど、予防接種が感染源の可能性はないのだろうか?
と言う疑問が、今更ながら、ふと湧いた

で、母に確認してみる。すると
「多分、予防接種が原因だと思うねんけど」

・・・・
えっ なんですと
じゃあなに、おもいっきり当事者な訳?( ̄□ ̄;)|||

その理由は以下の通り

・注射器使いまわしの予防接種を受けている。
・輸血や手術は一切していない。
・母の兄弟で、HBVに感染しているのは母のみ。
・父は非感染者。

だから、他に感染源が考えられないと言う。
従って、自分がHBVに感染しているなんて、思いもしなかったそうだ

感染が分ったのは、兄が子供の頃、ぜんそくでかかっていた病院での検査。
兄がHBV陽性だったので、母親と私も調べましょう、と。。

何ということだOH MY GOOD
今までそんな話、微塵も聞いてなかったので、思いもよらず、愕然とする。
じゃあ、二次感染で肝ガンとなって亡くなった兄は、どうなるのだ??

またしても、私はバカだった
自分が当事者なのに、「私は関係ない」と2年前に
「置き去りな肝炎」何てブログを書いてしまっている。本当に、救いようのないバカだ

そうなると、想像してしまう。
幼少時の母。予防接種に並ぶ。ちょっとした順番の偶然。
感染するなんて、本当にロシアンルーレットの様なものだ。
それが、外れていたら。
兄は、今頃普通に生きていたのかもしれない・・・
(ついでに言うと、私ももっと元気なのかもしれない

しかし、私達が実際に給付金をもらうのは、難しそうだ
(集団予防接種で感染→母子感染した人も対象)

それよりも、今、苦しんでいる人に。
そしてまだまだ「私は関係ない」と感染に気付かずにいる人に。
今生きている人に、もっと国は誠実に対応をしてもらいたい、と願う

本当に「知らない」という事は、ダメージが大きいと。

私は今年、兄が亡くなった年齢になります。
そして今日は、生きていれば兄の41歳の誕生日だった。

PageTop

なんでやねん

って、つっこみたくなる。

だいたい、覚悟した時は「シロ」
大丈夫だ~ってタカをくくってた時に限って「クロ」
そう、この時も。

事前に「リウマチ」の知識があって、思い込んでいた訳ではない。
が、関節痛に、手が少しこわばった感じ。
食欲低下。微熱風の倦怠感って、どうなん?と臨んだ診察

しかししかし、結局検査データは異常を示していなかった。
あえて言うなら、抗核抗体が少し高かっただけ。
リウマチ反応も炎症反応もない。アレレ??

ある意味拍子抜け、と言うか。ではこの体調の変化は一体何なのか
やっぱり更年期か ひゃー。

主治医は
「A1cが上がってるので、何か炎症はあるのかも。
 ~ここでひとしきり膠原病の説明~
 でも、これではレントゲンで異常も出ないやろし、
 整形に行っても、様子見やと思う。
 痛み止めなら、こっちで出すけど?」との事。

うむぅ、確かにそうなんだろな。日常生活は送れている訳だし
検査結果に異常がなければ、痛み止めで様子見が妥当なとこか

今まで市販の塗り薬でしのいでいたので、飲み薬にちょっと期待しつつ
「ただ、膠原病の出はじめかもしれないので、定期的にみていきしょう」と。


すっきりしないまま盛夏が過ぎ、小康状態を保って9月に突入。

手首の痛みが強くなって、ごはんが非常に食べ辛く、しんどい日が多い
ここにきて、飲み薬が効く事を実感する。

で、気づいた

痛みは雨で、特に痛くなる。まるで「関節天気予報」
そうか、6月は梅雨だった。
今は秋雨や台風で、湿気が多い。
なんじゃこりゃ。もうおばちゃんやん

そうこうしているうちに、10月に入って、吐き気が目立つようになった。
(でも、何故かご飯食べない割には、血糖値が下がらない)

私の症状を聞いて主治医曰く
「多分逆流性食道炎ちゃうかな~」と、お薬を出してもらった。

そう言えば、この体調変化以来
昼食後も、しんどくて横になっていたからかも。

あぁ、トシやなぁ。。
あちこちで衰えが・・・

一方関節痛は、その後小康状態。そして、冬
温度が下がってきたら、また関節痛が出てくる

不気味に指の関節(の背面)が一時赤くなったり
爪の甘皮の成長が激しく、そこに黒い点々が出てきたり。
爪の先が痛いと思ったら、爪の下で出血?していたり。
なにせ、見た目に手がどんどん老化しているような感じ

こんな些細な変化も、何気に気づいたのだけど
気づいてからネットなどで調べてみると、
どーも「膠原病」と関連してそうで、でも本当はどうなのか分からない。
消えない不安。。変化が止まってくれればいいのだけど・・・

(結局長くなってしまって、全然タイムリーなトコまでいけません

PageTop

何かが起こっている

わーい。何だか外食も怖く無くなってきた
お出掛けが苦にならないって、素敵デス
(A1cの値はともかく

しかし一方で、体調の変化がじわじわと…

まず、気づいたのは「むくみ」

おや。朝起きると、足やまぶたがむくんでいるぞ。
顔や足が、いつもとちがう・・・と言う日が出てきたのだ。

もともと、むくまない体質の私。
むくみ防止靴下と言うものを、人生初、買ってみた。
しかしこれって、ランタスのせい?それとも年のせい?

質問がてら、主治医にご報告

すると、念のため甲状腺と心臓の検査を、と。
BNP(心不全などの指標)が少し高かったので、心エコーを受けさせられましたが(笑)
特に問題はないとの事。

うーん、じゃあやっぱり単に年かぁ~
と思っていた6月のある日。

今度は突然、手の関節に痛みが走った
初めは右手だけだったので、単なる「使い痛み」かと思った。

こんなの、そのうち治るよね~と気楽に構えていたら
何故か酷使していない左手も痛む
そして右の手は、すこし浮腫んでいるような、腫れている様な。

こんな関節痛も今まで無く、タイムリーに診察日だったので、主治医にご相談
そうすると「リウマチ関係の検査、しておきましょうか」となりました

1型DMは自己免疫の病気だから、
リウマチなどの膠原病も発症しやすいと考えられるとか

そうして次回診察まで、検査結果を待つ間にも
関節痛は、一進一退しながら少しずつ広がって行く感じ。
7月に入り、足はむくんでいるのに、歩くと足裏の骨があたる様な違和感や
足首や手首が痛い時も。。

しかもしかも。
おかしい。
ある日、急に突然、食欲が無くなった

本当に、美味しそうなものを見ても「食べたい」と思わないのだ(ヤリが降る)。
そして、微熱の様な倦怠感。
実際、体温を測ると熱はないのだが(高くて37度程度)
何と言いますか、糖尿病の倦怠感とはまた違う感じで
家では臥せりがちに・・・

うむむぅ。何だか広がる不安。
関節痛は動かせない程の激痛ではないし、日常生活は送れているとは言え
症状がリウマチっぽいよなぁ・・・と心配になる

せっかく、ランタスで明るい兆しが見えていたのに。
ここでまた、「リウマチです」何て事になるのか

「いや」と、今までを思い返す。
リウマチと言われてもいい。体調不良が改善されるならば・・・
そしてはっきりと診断される方が、まだラクかもしれないぞ、と。

そんな覚悟で、次回診察に望んだのだが・・・

(次回で、何とかタイムリーなトコまでいけるかっ

PageTop

雲の晴れ間

ふむふむ。
やはり体が軽いと、心にも余裕が出てくる(様な気がする)

インスリンを人前で打つのに、ドキドキしなくなった
(別に今までひた隠しにしていた訳ではないけれど

少し雲が晴れてきた感。
しかし、その原因は決して「体調(インスリン)だけ」ではなくって。

「何で今更1型
・・・と言うマイナスの思いを昇華させるには
その陰で、主治医との対話があったからこそ。
いや、そもそも「ランタス変更」も主治医の指示だった訳ですが

やはり主治医は、とっても重要な要素と、しみじみ致しました。

糖尿病って自己管理の病気(=患者次第)と言われますが、
主治医(病院選び)も、自己管理のひとつ。
しかし、良い先生を求めて病院を転々。。などと
医者・患者どちらかに力が偏っても、きっと上手くいかない。
うーん、ムツカシイです


それはさておき。
1型診断以降の診察時には、毎回1ネタ(時間を考慮)。
納得できない(受け入れられない)思いを、主治医に伝える

「前医には、妊娠希望がなくなれば飲み薬に戻すって言われたのに」
「今後、インスリンは出なくなるのですか?」
「やっぱり1型なんですか?(ひつこい)」などなど。。
(嫌な患者だ

そうすると、今の主治医は嫌がらず丁寧に、
そして客観的事実を、誠実に話してくれる
「次の患者さん、待ってるけど。。まぁ、ちょっといいか」何て言って。

その内容は、毎回毎回「自分は1型だ」と刷り込まれている様で(笑)
決して楽しい話ではないけれど、
この対話が、ココロの回復を少し早めたのではないか、と

(思い起こせば、転院前の病院では先生に取り付くシマ、なかったよな~

しかししかし。
この「雲の晴れ間」も一時で。

これでやっと落ち着くかな~と思った矢先に、また別の体調の変化が…
なんでこーなるの(苦笑)

(次回へ続く。って当然だ)

PageTop

表裏一体

「病(やまい)は気から」と申します。
「びょーき」は、「病気」と書く

調べてみると、「気」には色々意味があるようです。が、しかし
「病気は、心の持ちよう(で良くなる)」「ストレスが病気の原因だ」等
精神的な影響が体に及ぶと言うのは、よく聞く言葉

そして、当然この反対もある。
「病気が良くなれば、心も軽い」「病気が原因でストレスとなる」

そう、こころと体(病気)は表裏一体。
その影響のベクトルは、常に風見鶏の様にクルクルと・・・


2型から1型へと診断が変わって、もう少しで1年。
1年前の今頃は、まだ「インクレチン効かないかな~」何て考えてました
その後、どっかーんと谷に落ちてしまった訳ですが

その鬱々としたワタシの心を、その後、すこ~し上げてくれたもの。
それは、何か。


実は、意外にもインスリンでした。
(えっ。インスリンが嫌やったんとちゃうのん?
 なーんだ、って話です

と、今までブログにきちんとは書いてなかったかな
ここ数年、体調が良くない状態が続いてまして(当然か)

何せ、すぐに倦怠感がおこる
酷い時は、本当にその場に座りたくなる。
仕事帰り、どこかで休憩しないと帰れなかったり
急に痩せたり、吐き気や不整脈も出たりなどなど、生活が萎縮してしまって。。

血糖値との関係は、今ひとつよく分からず
年のせいか、精神的なものなのか、謎で辛かったのです

それが。
1型と診断された事で、何故か主治医は
「レベミルが無くなり次第、ランタスへ変更」との給うたのです

そして、その日がやってきた。
春先、レベミルが無くなって、ランタスを初注射(ドキドキ)

すると、何と言う事でしょう!(笑)
2日後位から、何だかめちゃめちゃ体が軽いのです
なんでなんで~

別にレベミルに不満を持ってた訳ではなかったので
正直「何でわざわざランタス?」と思ってましたが、
お出掛けしても、途中で倦怠感を感じることなく帰宅出来たのです
(なので、ランタス様

わーい。何だか嬉しい
これがきっと、普通の人の状態なんだ

確かに、この際「型」なんて関係ない!
ここ数年の案件、倦怠感が解消されたので、よかったではないか!

では、1型と言われて、よかったのでは、、ないか・・・??
いや、もし倦怠感の原因が、基礎インスリンだったとして。
「インスリンを打たない治療」と言うのは、もうあり得ない。
ならばいっそ、もっと早く1型と診断されていれば、
この体調不良に苦しんだ時間は、もっと短くて済んだのかもしれない・・・

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。