HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何でも基礎が大事?

再びレベミルばなしです。

レベミル使用から約3週間が経過。
そこで実感するのは
何でも基礎が大事なんだな~としみじみ

「砂上の楼閣」とはよく言ったもので
不安定なベースの上に、いくら積み上げても上手く行かない。

インスリンの作用もしかり。

私、生活・食事大きな変化ないのですが
ベーサルインスリンが変わっただけで
こんなにも血糖値が安定するなんて、何とも不思議です。
(何を今更、かもしれませんが)

個人差はあると思いますが、私は「扱いやすい」と感じます。
負担感が無いといいますか、安定感と言いますか。
糖尿じゃない人の1日って、こんな感じなのかなーと。

低血糖になる事無く、食前血糖値がNの時よりいい感じに下がってくる。
動悸等は時々ありますが、そう言えば最近
昼~夕方にかけての疲労感があまり無い事に気づく。喉の渇きも減った。
インスリン総量は増えたけど、今のところ体重増加の傾向もみられず。

もしかして私、インスリン打たんでもええんとちゃうん
などと、やっぱり希望を持ってしまう(それは甘い?)。
で、次回診察がちょっと楽しみなのは、久しぶりの感情だ。

しかし、この半年程の試行錯誤の日々はなんだったんだろう・・・orz

ともかく、持効型インスリン開発した方に感謝
(妊娠時にNPH製剤でやっていく自信がなくなりました早くデータ出してくれ~)

まだまだ食後血糖が課題ですが、これでカーボカウントの考察がしやすくなるハズ。
そうすると、きっと自分で「外す」事が出来る様になるのでは。
うしし( ̄ー ̄)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。