HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コアトレと繋がる?

ストレッチポールがやって来てから。

ほぼ毎日、ポールに乗ってごろごろしています
これで血糖値が下がるとか、運動になっているとかは思いませんが、
リラックス出来るので自然とごろごろしています。

で。

そのストレッチポールで行われているはずの「コアトレ」。
その本が興味深いと書きました(6月9日付けブログ)。

著者の有吉与志恵さんは、元陸上選手で社会体育を専門とし
インストラクターの経験から、独自のコンディショニング理論を追求されています。

一応“アスリートのための”トレーニングですから
本の種類としては「スポーツ」などに属すると思われ
従って、話の対象は肉体(筋肉・骨格)です。

でも、糖尿病と付き合っていく上で
色々と置き換えて読める部分が多く
深いなぁ~と感じた訳です。

(と言うか、有吉さんは「心ある健康づくり」を
モットーにしておられるのですが)

結局上手くまとめきれず
本の内容を羅列してみようと思います。
(私による要約アリ)

コアトレではコアの確立を目指します。
体のクセを直しリセット、脊柱を正すことで
脳(こころ)とからだのルートを確保。
さまざまな効果・可能性のあるトレーニングだそうです。

~~~以下 有吉与志恵著「アスリートのためのコアトレ」より~~~

・大切なのは体と心で感じ取ること。
 「人間の自然体」の探求(=コアの確立)が
 自分の最高の能力発揮につながる。

・がむしゃらさの無意味
 「苦しいことに耐えてこそ」と言う考えは
 かえって体にストレスを与え、効果が出なければ
 心にダメージを残してしまう

・自分の生き方に責任を持つ=自分の体に責任を持つ
 =セルフコンディショニング
 自分の体がいとおしくなるのは、その原点

・体だけをむやみに鍛えても体の変化は出てこない
 心への取り組みが大切である

・「筋肉は人生の履歴書」
 ~姿勢や筋肉の状態がその人をあらわす~

・不快は体を硬くし、体が発している信号を受け取れない
 「メンタル的に弱い」のは不快のオーバーフロー状態で
 自分の体のコントロールをなくしている
 
・「快」を与える表現方法
 やってはいけない事を伝えるのでなく、やった方がいい事を伝える
 相手を否定するような事は決して言わない
 調子の悪い部分などは改善したときのイメージを伝える 
                                                                 
・理論をただ実践しても効果なし
 経験にまさるものはなし
 体験に基づき、その裏づけある理論を予測しながら進める

・自分を信じられた選手ほど回復は早い

・考え方の出来上がっている選手たちには
 今までをとやかく言うより(過去を振り返るより)
 今の状態を最高の状態に持っていくこと(将来の可能性)
 を示すのがよい

・トレーナーとは:
 選手を理解し、希望をかなえるために二人三脚で歩んでるイメージ
 依存されることもあるが、少しずつ自立へのプログラムを組む。
 やるのは本人。選手が主体。選手が頑張れるようにするのが使命

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何か深~いものを感じませんか?

ちなみに①:コアとは?
      「体幹部を構成するすべての骨格、それを支えるすべての筋肉
      さらに動きの中で変化し得る軸や重心の総称」

ちなみに②:コアセラピーとは?
      日本コアコンディショニング協会(JCCA)コアセラピー研究部会が提唱する
      新しい運動療法の概念
      コアコンの原則を踏まえつつ、運動療法が適応となる種々の疾患・
      病態の治療プロセスを加速させるために有益な治療的運動
      (therapeutic exercise)から構成される治療理論および方法
      ※効果をより客観的に理解するための臨床評価法や解析技術の開発を進めてるところ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

快適な環境つくりも糖尿病には必要と言うことは以前から感じてはいましたが、「不快は体を硬くし、体が発している信号を受け取れない「メンタル的に弱い」のは不快のオーバーフロー」と言うことばでうらずけられたと思いました。有益な情報ありがとう。
私は「糖尿病を完治する」というブログを運営しています。
このブログを読んで実践してゆけば健康になり糖尿病も改善する。といったブログに仕立ててゆきたいと思っています。
今は「糖尿病である幸せ」を感じて張りのある生活楽しんでいます。糖尿病と格闘してきて今、思っていることがあります。それは糖尿病はお薬では治らないが本人の生活管理で簡単に安定し完治しうる病気と言うことです。
 糖尿病は治らないと言うのは糖尿病が薬で治らないから医学界でそういうのだと思います。
そして糖尿病者の生活管理は特別なものではなくどんな人の健康にも良い事それを何倍もの濃さでやるだけのことです。たかおさんも、食事には気を配っているようですね。加えて私がブログで提案していることも取り入れてください。

追立 征子 | URL | 2010-06-20(Sun)03:40 [編集]


コメントありがとうございます。

今は生活を楽しんでおられるとの事。
また、ブログも目標に向かって精力的にされているなぁ、
と感じました。

一方私は「治療中断」をしてしまった
まだまだ後向きな状態で、ぼちぼちと
自分にあった「生き方」を見つけていこうかと言う所で
有益な情報でしたら幸いです。

くれぐれも「完治」の過程で
お体無理なされません様に!

たかお | URL | 2010-06-20(Sun)21:05 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。