HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雨のち曇り

(注)引き続き長いです

むく(起床)。

昨日は暗い気分のまま寝てしまった。
とにかく、今日どんな風に事を進めるか考えなくては。
なにはともあれ、血糖測定。

昨晩高かったので、今朝も高いままだろうな…

203

う~ん、こんなもんかな

とにかく夕方に会席料理がやってくる。
そこをポイントに、低血糖にも高血糖にもならずに
やり過ごす方法・・・
(朝の段階で既に高血糖だけど)

昨日の失敗をもとに
まずはとにかく、周りがどんなでも
食べたら今日はトイレに消えるぞ!オー!(笑)

で、更に考えてみた。

晩の食事が夕方に早まり、朝の血糖値も高かった。
そして、万が一また追加(ラピッド)が打てない時の事を考えると
朝~夕方の基礎インスリンを手厚くしておくべきではないか。

従って、朝のレベミルと夜のレベミルの量を入れ替えてみてはどうか?
(めちゃ勝手な発想。いいのか?こんな事して…)
そしてラピッドは食べる量に応じて適当に。

かくして。

朝にレベミル6単位。
昼は軽食だったためラピッドを2単位に減量。
(しかし、昼食後に喉が渇いたので
足りなかったかもしれない)

で、問題の夕方の会席(15時)。

おっ!

ふたを開けてみると、おかずばかりです(当然)。
そうだよね、そうでした!

普通のお弁当よりも、会席料理(といってもミニですが)は
刺身や酢の物があって、揚げ物も少ない。
煮物の芋以外、素材に殆ど炭水化物は見られない。
(味付け部分はわかりません)

今日こそはほんと、ご飯食べなければ
ラピッド打たなくても大丈夫じゃなかろうか

しかも会席の場合、ご飯の容器が別なので
食べなくても目立たないし。
な~んだ。早く気づけばよかった

ご飯、芋には全く手をつけず「つまみ」だけを食べる。
幸い喉の渇きも低下。血糖値も下がってきたのかな。
そして、上がってこない感じ。ぐふふ。

そんなこんなで、低血糖にはならず会食も滞りなく、
無事一連の儀式(?)終了。よかった、よかった。

ところが、18時を過ぎたあたりから
何故か異様な喉の渇きが・・・
もしかして、血糖値上昇中??

帰宅後、測ってみると161(19時)。

あいだの時間は測れてないので、何とも評価できず。
果たして、レベミルの量を入れ替えたのも
正しかったかは分からない。
しかし、昨日よりはマシだったのではないだろうか。(と思いたい)

で、もう何も食べないからラピッドは打たずに
レベミル4単位打って就寝。

ふぅ。また頭使ったよ。
疲れた~。

しかし、こんな時どう対応したらいいのか、
詳しい病院からの指示は無いし(詳しいどころか簡単にもないケド)、
診察時に今回の件が妥当だったか聞くスキマもきっとない。

次回診察時は何を課題にしようか、悩むところである。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。