HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雲の晴れ間

ふむふむ。
やはり体が軽いと、心にも余裕が出てくる(様な気がする)

インスリンを人前で打つのに、ドキドキしなくなった
(別に今までひた隠しにしていた訳ではないけれど

少し雲が晴れてきた感。
しかし、その原因は決して「体調(インスリン)だけ」ではなくって。

「何で今更1型
・・・と言うマイナスの思いを昇華させるには
その陰で、主治医との対話があったからこそ。
いや、そもそも「ランタス変更」も主治医の指示だった訳ですが

やはり主治医は、とっても重要な要素と、しみじみ致しました。

糖尿病って自己管理の病気(=患者次第)と言われますが、
主治医(病院選び)も、自己管理のひとつ。
しかし、良い先生を求めて病院を転々。。などと
医者・患者どちらかに力が偏っても、きっと上手くいかない。
うーん、ムツカシイです


それはさておき。
1型診断以降の診察時には、毎回1ネタ(時間を考慮)。
納得できない(受け入れられない)思いを、主治医に伝える

「前医には、妊娠希望がなくなれば飲み薬に戻すって言われたのに」
「今後、インスリンは出なくなるのですか?」
「やっぱり1型なんですか?(ひつこい)」などなど。。
(嫌な患者だ

そうすると、今の主治医は嫌がらず丁寧に、
そして客観的事実を、誠実に話してくれる
「次の患者さん、待ってるけど。。まぁ、ちょっといいか」何て言って。

その内容は、毎回毎回「自分は1型だ」と刷り込まれている様で(笑)
決して楽しい話ではないけれど、
この対話が、ココロの回復を少し早めたのではないか、と

(思い起こせば、転院前の病院では先生に取り付くシマ、なかったよな~

しかししかし。
この「雲の晴れ間」も一時で。

これでやっと落ち着くかな~と思った矢先に、また別の体調の変化が…
なんでこーなるの(苦笑)

(次回へ続く。って当然だ)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。