HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

閑話休題②-こちらも・・・

いつまでも「1型」「1型」って、もういい加減、分かったわい
・・・と言うお声が聞こえてきそうなので、ここで再び「閑話休題」。

インスリンの話題なのですが、「これも教科書通りなんかい」括りにしてみました。

さあ、急に時は巡り、2011年の大晦日でゴザイマスよ。

実は(と言う程でもないけど)、この年の12月から
超速攻型インスリンの種類が、ラピッドからアピドラに変更になりました
お試し期間を経て、アピドラの方が合いそう・・・と言う主治医の判断です。
(その代わりランタスも増量)

それでも最近、血糖値がイマイチで
測定器の画面でなかなか正常範囲を見ないのですが
大晦日の晩。年越しそばを食した時に
「おお、これぞアピドラなのか」と言う数値が出たので
ちょっとうれしくなりました

夕食前 165 (紅白開始)
夕食後 169 (紅白後半開始)
眠前   161 (行く年来る年)

すごーい!ほとんど血糖値が変わってない様
ラピッドでは抑えられない食後高血糖も抑えつつ
その後、切れが早いとのウワサ通り、低血糖までにはなりません。
(ラピッドだと、食前100→食後300なんて事もザラ)
おにぎり実験でも実証済みだったのですがやっぱり、と言う感じです。

まぁ、食前で既に160あるって事や
「そば」や食べ合わせの要素もあるのでは?
と言うツッコミもあると思いますが
私的には、「低血糖になりにくい」感じが
積極的に追加インスリン打てるかも・・・と言う気分にさせてくれます

(A1c正常化の為には、もう少しインスリン量が必要なのかも)

しかし、これで気分良く新年が迎えられるよ~
と思った途端、元旦にちょっとしたトラブルで
高血糖から体をしんどくしてしまいました。いかんいかん

ランタス様にアピドラ君。
私の体には、教科書的に効くようです(笑)
今年もよろしく 私の体をラクにして下さい

ちなみに、参考までに「私の」アピドラの効き方のイメージを
適当な(コラコラ)グラフにしてみました。
  ↓

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。