HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

閑話休題②-こちらも・・・

いつまでも「1型」「1型」って、もういい加減、分かったわい
・・・と言うお声が聞こえてきそうなので、ここで再び「閑話休題」。

インスリンの話題なのですが、「これも教科書通りなんかい」括りにしてみました。

さあ、急に時は巡り、2011年の大晦日でゴザイマスよ。

実は(と言う程でもないけど)、この年の12月から
超速攻型インスリンの種類が、ラピッドからアピドラに変更になりました
お試し期間を経て、アピドラの方が合いそう・・・と言う主治医の判断です。
(その代わりランタスも増量)

それでも最近、血糖値がイマイチで
測定器の画面でなかなか正常範囲を見ないのですが
大晦日の晩。年越しそばを食した時に
「おお、これぞアピドラなのか」と言う数値が出たので
ちょっとうれしくなりました

夕食前 165 (紅白開始)
夕食後 169 (紅白後半開始)
眠前   161 (行く年来る年)

すごーい!ほとんど血糖値が変わってない様
ラピッドでは抑えられない食後高血糖も抑えつつ
その後、切れが早いとのウワサ通り、低血糖までにはなりません。
(ラピッドだと、食前100→食後300なんて事もザラ)
おにぎり実験でも実証済みだったのですがやっぱり、と言う感じです。

まぁ、食前で既に160あるって事や
「そば」や食べ合わせの要素もあるのでは?
と言うツッコミもあると思いますが
私的には、「低血糖になりにくい」感じが
積極的に追加インスリン打てるかも・・・と言う気分にさせてくれます

(A1c正常化の為には、もう少しインスリン量が必要なのかも)

しかし、これで気分良く新年が迎えられるよ~
と思った途端、元旦にちょっとしたトラブルで
高血糖から体をしんどくしてしまいました。いかんいかん

ランタス様にアピドラ君。
私の体には、教科書的に効くようです(笑)
今年もよろしく 私の体をラクにして下さい

ちなみに、参考までに「私の」アピドラの効き方のイメージを
適当な(コラコラ)グラフにしてみました。
  ↓

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

転院後・閑話休題(グッズ変更!)

そう言えばデス。
転院しましたら、血糖測定器が変更になりました。
うむむ。前のより一回り大きい感じ
(ちなみに針もペンニードルからマイクロファインプラスに)

で、病院の薬局で新測定器を渡される時、薬剤師さんが
「よかったら測定器に貼るシール、もらってください
年配の方が多いので余ってて
と、若い人久しぶりってな感じでテンション高い目。

あまりにも薬剤師さんが嬉しそうだったので、
何か良く分からないけれど、数枚頂いて帰りました。
まぁ言わば「デコでん」ならぬ「デコそく」?何と言えばいいのか??

ちょっと嬉しかった反面
あぁ、そうだよね。やっぱ若いヒト少ないんだよね・・・と実感

新測定器(アキュチェックアビバ)は、がっしり。センサーも大きめ。
そして、穿刺器は「エースレット」。
何でメーカーちがうねんって、やはり「使いやすさ」=年配者を考慮した結果だろうか。
(考えすぎ?

せっかくなので、測定器を「デコ?」してみましたが
う~ん、かえって穿刺器の「いかにも医療機器」って感じが
浮き彫りになって(氏名を書く枠まである!)何だかイケテない
(ま、れっきとした医療機器なので仕方ないですが。ごめんなさいメーカーさん)

って、測定器などに「かわいさ」や「かっこよさ」を求めるのは、ゼイタクなのか。
もしくは機種が選べたらいいんだけど(これは全ての患者に言えるのでは
病院のウラ事情などもあって、そう簡単にはいかないんだろうなぁ。。
(また考えすぎか

アキュチェック、大きさはやや不満ですが、今となっては
「血がさーっと吸い込まれていく」様子を見るのが、意外に快感だったりします(変態か?)

(ちなみに針は、32Gから31Gになったためか、マイクロファインの方が痛い気がするのと
 ノボ社のインスリンとは、かみあわせ?が微妙に合わない気が・・・

PageTop

低血糖(もどき)対策

糖尿病で投薬されている場合、低血糖の可能性がある。
良いコントロールに近づこうとすると、それだけその危険性が高くなると言う
何とも悩ましい関係だ。

私の場合、コントロール不良の期間が長かったので
自慢じゃないケド(ほんとにね)低血糖の経験・記憶は、少なめ。

従って、強化インスリン療法をしている現在
低血糖への不安は大きいのだが、
高血糖の期間があまりにも長かったために
ちょっとの血糖値の低下にも脳ミソが反応してしまうらしく
低血糖もどき症状が頻繁におこって、私を困らせる

そんな時、血糖値を測ってみると
以前は180位の時もあったが、今は100を切るあたりが多くなってきた。
簡易測定器なので誤差があるだろうから
実際は80位かもしれないが、そう低い訳でもない。

これであせって、いっぱい食べようものなら
血糖値急上昇である。だまされるトコだ(見事にだまされた事もあり)。

で、インスリンを打ち始めてからここ半年強の間、血糖値が70を切って
「マジ低血糖だ~」となったのは1回ポッキリ(いいんだか悪いんだか)。
この時は反対に「大丈夫だろう」と少し様子をみていたら56
後で思えば、体が急に熱くなり発汗、と今までとは少し違った
人生初の症状だったなぁ、と(これがほんまもんの低血糖か!)。

しかしなんだよ~、この「狼少年」的な感じは・・・(笑)

まぁ、それはともかくこの「低血糖」時。
一体他の人はどんなもので対応しているのだろう。。
まさか、今時砂糖をそのまま流し込んでる訳でもなし。

しかし恐るべし!現在通院中の病院では低血糖時の対応についての説明がナイ!
そして、身近に糖尿病の人はいないので話も聞けナイ!
(ないないづくしです・・・)

薬局ではブドウ糖がもらえます。ありがたいのですが
かっったいタブレットの様なもので、
例えば仕事中にバリボリ噛めないでしょう(却下)。
これは「ジューシー」にも言える事で、
ジューシーはコストパフォーマンスは良いかもですが、甘いし固いし使用頻度低し。

また、ジュース類はスマートな糖分補給にいいのですが(不自然さ無し)
液体なだけに保管が面倒なのと、糖分量が調整しにくい点がやや難点。

そして私には「もどき」がある。
また、血糖値測れない時にちょっとだけ糖分を補給したい時もある。

それで自分なりに色々探して見た結果
私の我儘を聞いてくれる、低血糖対策品は以下の通りとなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①本当に低血糖だ!ヤバイ!時に~グルコレスキュー
コンパクトで重くないし、さっと補給するには最適。
ただ、甘過ぎるような気がする(って、糖分だから当然か)。病院の売店にてGET。

②何かちょっとおかしい(もどき)時に~*夢のくちどけ*ぶどう糖(大丸本舗)
これは私にとって秀逸。
殆ど血糖値を上げることなく、一袋(ブドウ糖3g)で大抵低血糖症状がおさまる。
万が一「もどき」でなくても、少しずつ追加して食せる。
食感も「夢のくちどけ」と、その通りで噛まなくていいから
仕事中でも難なく補給可能。ただ、崩れやすいのが難点。普通のスーパーでGET。

③食後、ちょっとカーボが足りなかったかな?時に~
「おいしくたべたい!!」ゼロカロリージュレ

食後2~3時間後、意外に血糖値が下がって「もどき症状」が出ており
「ラピッド効果で、まだ血糖値が下がるのではないか・・・」と言う不安などがある時にコレ。
カロリーは殆どないので、何となく安心。かつ糖質は約12gで適度な感じ。
一般的には「デザート」なので、食の幅が広がるといった意味でもウレシイ。
私はグレープフルーツがお気に入りダイエーにてGET。

しかし、上記の「低血糖対策品」。
血糖値が下がってきた今でも、あまり出番がないのが痛い・・・
賞味期限が切れる前に、使い切りたいものである。
(流石にそれはクリアできるか)

PageTop

何でも基礎が大事?

再びレベミルばなしです。

レベミル使用から約3週間が経過。
そこで実感するのは
何でも基礎が大事なんだな~としみじみ

「砂上の楼閣」とはよく言ったもので
不安定なベースの上に、いくら積み上げても上手く行かない。

インスリンの作用もしかり。

私、生活・食事大きな変化ないのですが
ベーサルインスリンが変わっただけで
こんなにも血糖値が安定するなんて、何とも不思議です。
(何を今更、かもしれませんが)

個人差はあると思いますが、私は「扱いやすい」と感じます。
負担感が無いといいますか、安定感と言いますか。
糖尿じゃない人の1日って、こんな感じなのかなーと。

低血糖になる事無く、食前血糖値がNの時よりいい感じに下がってくる。
動悸等は時々ありますが、そう言えば最近
昼~夕方にかけての疲労感があまり無い事に気づく。喉の渇きも減った。
インスリン総量は増えたけど、今のところ体重増加の傾向もみられず。

もしかして私、インスリン打たんでもええんとちゃうん
などと、やっぱり希望を持ってしまう(それは甘い?)。
で、次回診察がちょっと楽しみなのは、久しぶりの感情だ。

しかし、この半年程の試行錯誤の日々はなんだったんだろう・・・orz

ともかく、持効型インスリン開発した方に感謝
(妊娠時にNPH製剤でやっていく自信がなくなりました早くデータ出してくれ~)

まだまだ食後血糖が課題ですが、これでカーボカウントの考察がしやすくなるハズ。
そうすると、きっと自分で「外す」事が出来る様になるのでは。
うしし( ̄ー ̄)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。