HAPPY-Medi・・・糖尿病な私と医療のハザマ

幸せな医療?                               ~Happy mediume~どちらかに偏らず程よいこと                    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「拒否」の反対側?

関節痛が始まって、祝・一周年(苦笑)
ここのトコ、この話題ばかりとなってました。
未だに原因はよく分りませんが、とりあえず「老化」と言うことにしておいて
いーかげん続き(1型と言われて凹む、その後)に戻ってみましょう・・・

そうです、キューブラー・ロスさん曰くの「悲嘆の五段階」によれば、
次は「受容」と言うものがそろそろやってくるハズ
(受容のイメージ:天から光がさす感じ

しかしながら、一向にその気配がない
ってか、そもそも「受容」って何?どう言う状態を言うのだろうか。

病気に前向きに向き合えること?
治療をきちんと頑張ること?
病気をマイナスに考えないこと?
「病気になって良かった」などと思えること?

確かに「拒否」や「否定」の状態は、分りやすい。
でも、それを抜け出したらみんな「受容」なんだろうか。
「受容出来るのが良い」って考えていたけど、そんな単純なこと?
そんな簡単に、一言で表されるものでは無い気がしてきた

以前のブログにも書いたように(→「治療中断の言い訳」)

患者は何も病気だけが、人生の要素ではない。
他の悩みがあり、反対に喜びがあるかもしれない。
そしてそれらは綿密に絡み合い、切り離して考えることは出来ない。

もし、他の悩みが重ければ、そちらに気をとられて
病気の重みは低下するかもしれないし、
悩み事がボチボチであれば、相まって病気のマイナス面が
増幅されるかもしれない。

反対に、他にとてもプラスの、幸せの要素があった場合
病気にもプラスに働くだろうし
その時は「私、病気をプラスに考えられてる」と思うかもしれない。

でももし、合併症が起こってしまったら、素直に
「これでよかった」と思えるだろうか?

そう、人生は色んな波がある
だから、その波に合わせて病気に対する思いも、揺れてしかるべきかと。
(揺れない人もいるんでしょうけど
やっぱり、ゆ~らゆら。ハザマで揺れる私です。

しかもその「思い方」と言うのは、結局その人の性格が表れる。
病気が原因でそう「思う」のでなく
その人の性格が、病気を通し投影され、表現されているのだと。

そう思うと、ますます「受容」が分らなくなってくるのだ
ありていに言えば、「糖尿病」と言う異質なものを受け入れる、と言うより
糖尿病である自分自身を認める、つまり「自己肯定」の作業なのだろうか。。

とか何とかかっこつけちゃって
次回は、久しぶりに血糖値について、いってみましょうか
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

たまたま、偶然、お邪魔しまして・・。
たかおさんの軽快なテンポのファンになりました。
過去記事も拝読させていただきました。
「うんうん。」って共感することがいっぱいです。

特に、「受容」については、仰る通りで、私は、発症してから何年たっても、いまだに、受け入れられないでおります。


ご更新、楽しみにしております。

my | URL | 2012-09-27(Thu)15:57 [編集]


myさん、偶然のご訪問、ありがとうございます(^-^)

ファンだなんていえいえ、お恥ずかしいブログです。
myさんからコメント頂き
「はっ、私9月に一つも更新してない」と気づかされました。
ありがとうございますm(_ _)m

私も、病気を受け入れてるんだか、ないんだか(苦笑)。
でも、そう簡単かつ単純なものでないので、
「完璧受容したヽ(*´∀`)ノ」何て人は少ないのでは…
と、勝手に思ってます(^^;

更新は忘れた頃に何とか…になると思いますが、宜しくお願いします!

たかお | URL | 2012-09-27(Thu)23:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。